スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

  • カテゴリ:-
  • -









ぜったい手放さないニャよ


久しぶりのカテゴリー、レコメンッ!

昨日見た映画「365日のシンプルライフ」。備忘録として貼っておく。





おもしろかったですよー。
常々自分も一度こういうことしてみたいと思っていたので
疑似体験できました。


結局主人公が365個何を持ち出したのかはエンドロールにどばーっと
表示されます。ところがそれはフィンランド語!!!!!

読めねーよ…(゚ω゚;A)

で、後で知ったのだがその365項目はパンフレットの裏表紙に英語で載っているんだって!
そんなのしらなかったよー。パンフ買わなかったよー。(てか売ってるのも知らんかった)
ネタバレを恐れてあれこれ検索しなかったのが仇となった。
ネット上には同じようなことを嘆く人の声がたくさん…(笑)




ANDOさんも一度おもちゃを倉庫にしまってみる?

    
ぜったいいやニャッ!


    
ANDOはたっくさんのおもちゃに囲まれてたいのニャ!



ANDOねえはよくばりニャ。
    


カチーン!


おまえがいうニャー!
いつもおかあちゃんひとりじめしようとしてるくせにー!

    




というわけで猫さんのおもちゃはたくさんのほうがいいみたいです。
猫さん自身がシンプルライフだからいっか(笑)





もあもあおもしろいおもちゃー  ふるいのもすてちゃだめー。











こんなことってあるんだな


先日、大型書店にて
このかわいくてびっくりする写真集を見つけた。


これさー、表紙でシロクマと犬がハグしてるのねー。あ、いや
正確に言うとシロクマが犬をハグしてるのだね。
まずそれだけでジャケ買いしてしまう人もいるのではなかろうか。
あなた、正解ですよそれ。


「セラピーフォトブック」ていうカテゴリが自分としてはなんなんですが^^;


写真はやっぱり食い入るように見ちゃいましたよ、スゴイ。こんなことあるんだ。
Amazonでなかみ検索できますのでぜひちらっと。
うわ、もうたまらん、となること請け合い。




とはいっても私が買いに行ったのはこの本なのだけどね(笑)
   ↓







わたしもシロクマにHUGされたいわー キケンキケン…













キシン、キタ━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━!!!!


先週末、梅田の大型書店でこんなチラシげっとー。

きました、きました。待ってました!


篠山紀信展 写真力@グランフロント大阪




2012年秋に東京で開催されてたのを
「いーなー、いーなー、見たいなー」とうらやましがっていた。

以後、岡山とか新潟とか巡回してて
こっちにはいつ来るんだ〜と首を長くして待ってたのだ。



あと、こんなイベントのチラシも。

アートアクアリウムミュージアム・大阪 @大丸ミュージアム(梅田)



これまた六本木ヒルズでやってた展示。やっと巡回始まった模様。
写真じゃないけどなんかこう蜷川実花的色彩の洪水。見てみたーい♪



どちらもGW過ぎまでやってるのでゆっくり構えて忘れないように___φ(。_。*)カキカキ



どーせクッキーはおするばんだもーん













忘れたころにやってくる


        ↑ ↑ ↑
漫画に描いてたクッキーのキャリーと同タイプはこちらです。
(買ったの数年前のため、同じものはありませんでした)
リュックタイプのものを体の前で持っております。
背中にしょうよりも体の前のほうが話しかけやすいから。
割としっかりした形で手で下げても持ちやすいです。


ほかにもネットで「猫 キャリーバッグ リュック」で検索したいろんなタイプが。


リュックタイプでカンガルーポケットのような
ソフトな形のものも見たことあります。
抱っこ好きの猫さんはこれに入れてからだの前で持つと
安心するかもしれませんニャー(^^)


なんでリュックタイプを選んだのかというと
自分ひとりで2匹同時に運ばないといけなくなったときのことを考えて。
病院でも災害時でも。



こういう「もしものとき」の脳内シミュレーションは普段からが肝心です。
災害は忘れたころにやってくる。
備えあれば憂いなし。


あしたは1.17

あなたもレッツ・脳内シミュレーション



ANDOとクッキーをまもるのは  おかあちゃんのしごとニャよ













こりゃもうおすすめ


「みさお」おばあちゃんと猫の「ふくまる」の
日々を撮った写真集です。


はじめて伊原さんの写真を見たのは
昨年夏、本屋で手に取った「PHaTO PHOTO」ででした。

農作業をしているおばあちゃんについてまわる猫さんが
あまりにかわいくて
二人の関係があまりにステキで
その数ページのためだけに雑誌を購入したいくらいでした。

でもっ

いやいや、こんなすてきな写真だ。
きっと写真集になる!ぜったいなる!
そう思ってなんとか雑誌の購入をガマン(笑)
(本来応援したいんなら買うべきなんだけどね^^;オサイフ事情がねー)

そして夏も終わりすっかり肌寒くなった頃
「みさおとふくまる」が本屋さんに並んでるのを
見つけたのでした。
あ!あのときの写真だ!やったー!と大喜び。


まあ、そのころは何かとバタバタしてたので
ゲットとご紹介は今頃となってしまいましたが^^;


この写真集見てると、いろんなことを考えます。
自分のおばあちゃんともこんな風にもっと
一緒に時間を過ごしたかったなあ、とか。
一枚一枚にキューンときたり、笑ったり、ウルッときたり。


撮る人の愛情が感じられるすてきな作品集でございます。
ぜひ♪



今日もありがとうございます。
あたしも将来はこんなふうに暮らしたいー → にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ









久々のレコメン


久しぶりのレコメン♪
いえ、本は読み続けてるのですが、レコメンしたくなったのが
久しぶりでございます。
今回はちょっと内容がハードボイルド。
だけどぜひ!のレコメン本。


オットが図書館から借りていた本なのですが
返却に待ったをかけて昨日慌てて読みきりました。

内容はタイトルのままです。
自衛隊だけでなく消防庁や警察庁、東北地方整備局、
内閣危機管理室、災害派遣医療チーム などが
あのときどう動き、どう前線で戦ったのかが記されています。
聞き語りのドキュメンタリーです。
それぞれの立場での事実が記されています。

内容のレビューはamazonのページに
すでにたくさんありますのでそちらを。


震災から数日間、被害状況は伝えられるけど、
そこにどんな助けが向かったのか、向かってないのか
想像すらできずにただ呆然としていた私。

だけどこの本を読んで、あの非常時に
この国のなかでどこがどう動いたのか知ることができました。
そして
知りたかったのはこういうことだ!と思いました。


表紙には自衛隊員でしょうか。指の先が
ボロボロになった手袋をつけた手が写っています。

それぞれの無名戦士に心からの感謝と敬意を。




今日もありがとうございます。
わたくし、ワタクシゴトでばたばたしております → にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ









元気の出るCM


今日はステキなCMのご紹介。

九州新幹線鹿児島ルート全線開業の記念CMです。
もうかなり有名らしいので、知ってる方はごめんなさい。
わたしは先日家に来たカメラマンさんに教えてもらうまで知らなかったのだ。
自称CM評論家のわたしとしたことが(´д`)

ご紹介というか、いいもの教えていただいた備忘録だな。



震災があった3月11日。
その翌日の3月12日は九州新幹線の全線開通の日でありました。
もちろん式典などは全て中止。
CMのテレビ放送も一時自粛してたけどホームページで流したら
すごい反響があって話題となったそうです。


(せっかくなので画面を大きくしてお楽しみください。歌もいいよ♪)




震災直後ということもあって
このCMに元気付けられた人も多かったそう。


なんだかね、ちょっと胸の熱くなる光景ですね。
このみんながひとつになる感じ。


このCM、写っている人たちは
「○月○日、走ってる新幹線から撮るよ」という呼びかけに
自主的に集まった人々だそうです。

その情報はコチラ
HOWTO九州縦断イベントなんて読むとおもしろくって。
(写るために進行方向の左側にいましょう、とか)


いやあ、いいCM。元気でるっ。

※いいCMすぎてDVD化されるらしい。びっくり。





今日もありがとうございます。
経済活性化!この夏休みは東北か九州はいかが? → にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ









お久しぶりの


久しぶりのレコメンでございます。

上に紹介している本は、ずいぶん前に読んでいるのですが
東日本大震災があったあと、改めて読み返しました。

難しい表現、長文はありません。
短い文章と楽しいイラストで、阪神・淡路大震災であったこと
そこから得た教訓が綴られています。


イラストは「大人タバコ養成講座」「東京メトロ・家でやろう」で有名な
寄藤 文平さん。めっちゃ好き。


表紙だけぱっとみると
「ためになるんだかどうだか」という印象を
持つかたもおられるかもしれませんが、ところがどっこい。
帯に書いてるとおり「キモチの防災マニュアル」になります。


開いたところからぱっと気軽に読めるので
トイレに常備しとくとか(笑)して
常に意識の片隅に置いていてほしい。


いまならこの本の売上の一部が東日本大震災の寄附にあてられます。


まだ大きな地震ってあったことがないのよねー、なあなた。
読んでおいて損はないよっ!





今日もありがとうございます。
私たちは動く大地と暮らしているのだね、つくづく → にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ










セルフ・クリスマスプレゼント


たかしま てつを,中村 文
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,470
コメント:読めばドバーッと。たしかに。

クリスマス数日前に本屋さんで見つけて
さんざん迷った挙句
(ネコの写真集や本、何冊買えば気が住むんだオレ・・・ってなかんじで)


自分へのクリスマスプレゼントだわ、とか適当な理由をつけて購入。
子猫のかわゆさには抗えないのだった。


えと、こちらは
一緒に暮らす中村文さんとたかしまてつをさんが
生後三週間の子猫を譲り受け、その愛らしさに
めろめろになった様子を綴った写真&エッセイ本。


そのめろめろっぷりが
自分がANDOやクッキーを譲り受けた頃とダブって
「うう、わかるわかる」と感情移入しまくり。

私も子猫を相手にしてて毎日自分の命のキケンを感じてましたもの。
可愛いしぐさを目にするたび
「ぐはっ!きゅーん!萌え死にするかもしれん」って。


そんなころを思い出しながらでれでれ眺めてしまう本です。


たかしまてつをさんのことは、ほぼ毎日読んでる
「ほぼ日」のブタフィーヌさんで存じ上げていたのですが
「ビッグファットキャットの世界一簡単な英語の本」の
イラストを書いた方だとは、この本を買って初めて知りました。
(ちなみにビッグファットキャットシリーズ、全巻持ってます)

なんだー、知らないうちにファンだったんだ。


まあ本屋さんに行ったとき表紙を眺めてみてください。
クラッてきますから(笑)





今日もありがとうございます。
ああ、ANDOのちっさいときの写真もっと撮っとけばよかった → にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ










ありうります!


清水由美
世界文化社
¥ 1,050
コメント:母語として何も考えずに操っていた日本語。実は奥深く魅力的。

お久しぶりのレコメンです。

こちらは当ブログにもコメントを下さる
ニャンタのおばさんこと清水由美さんの書かれた本でございます。


おもしろいです。
国語の授業って退屈じゃーん、と思う人も読んでみ。
日本語の授業っておもしろい!と思うから!
国語の時間はまいど居眠りしてて
先生に起こされてた私が言うのだから間違いない。


日本人でさえ違和感のある日本語が飛び交う今日この頃。
わたしは(特に政治家の使う)「〜させていただく」という言い回しに
いちいちイラッとしてたので、共感してくれるプロフェッショナルが
いてくれたというだけでもなんだか胸がすっきり。


本を読んでると、話しかけてくるような文章がたのしくて
ほんとうに自分が授業を受けているような気分になります。
うんうん、って納得したり、ほーって感心したり、楽しい例文に笑ったり。


言葉って深い。言葉ってたのしい。
ちょっと知的好奇心を刺激されて豊かな気持ちになりますよ。


そうそう、そういえば

























日本語ネイティブでもこんな間違いガンガンしてますから(笑)
日本語勉強中のみなさん、たのしく勉強してねー。
あたしも英語がんばるからー。




今日もありがとうございます。
ありうります! → にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ


ちなみにこの本、内容もさることながら表紙も魅力的。
しかも表紙に隠れた本体プリントもたいへん楽しい♪
通勤電車でブックカバーも付けずに本体だけで読んでると
周りの人がじっと見てます。だってかわいいんだもん。










● ● ●

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


書いた記事数:1591 最後に更新した日:2017/03/02
↓ クリックされたら励みになります↓


当ブログはリンクフリーです。
よろしくお付き合いください。
 
管理者へのご連絡は、
mscoocoo■yahoo.co.jp
 (■を@に置き換え)まで
お願いいたします。

■■■ お断り ■■■
写真、画像および記事の
無断転載は一切お断りいたします。
記事に関係のないコメント・
トラックバックは削除させて
いただきます。
ご了承ください。







● ● ●

シェルター基金 1口5,000円


【被災地】にゃんこはうすの欲しい物

● ● ●

ANDOもクッキーもここからきましたニャ いつでも里親募集中

あなたを待ってる猫さんが

● ● ●


qrcode


無料ブログ作成サービス JUGEM